イミダペプチドとは?


「鶏むね肉」の絶大な疲労回復効果~夏の疲れを取る

疲労回復に効果があると注目されている「トリの胸肉」。渡り鳥が何週間も休むことなく飛び続けるのをヒントに、研究が行われてきた。

 

最近では、「2週間以上、継続的にイミダペプチドを摂取すると、疲労感が改善されてくること」が判明しています。と、東京都目黒区の阿部医院院長で、東京内科医会副会長の清水恵一郎医師。

 

イミダペプチドは二つのアミノ酸(生命を支えている大切な栄養素)が結合した物質。これを摂取すると血液中で二つのアミノ酸に分解されるが、脳や肉体の疲労してさびついた細胞に達すると、再びイミダペプチドに合成され、疲労部分を回復してくれるのだそう。


イミダペプチドの類似品との違い

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、産学連携プロジェクトのもと、大阪市立大学医学部の疲労研究チームから生まれ、バイオベンチャーの総医研グループ(日本予防医薬)が開発した商品です。

大阪市立大学は、疲労外来という専門クリニックもある位、疲労のメカニズムについて最先端の研究をしているところです。


でも最近は、テレビでイミダペプチドが取上げられるにつれ、類似品が多く出ています。

特に類似品の場合、気をつけなけらばいけないのが、イミダペプチドの含有量。効き目があると言われる有効成分量は、200mg(一日摂取目安)。

それを下回ると、やはり効き目は期待できません。

チキンエキスにイミダペプチド配合・・・というような記載の場合は注意が必要です。

イミダペプチドを選ぶポイント

第一は、イミダペプチドの含有量200mg

でもやはり、日本予防医薬が開発した正規品が一番信頼できるものだと思います。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


イミダペプチドとは?

イミダペプチド、別名「イミダゾールジぺプチド」は、今、産官学連携プロジェクトで最も注目されている食品素材で、人や動物の体内に存在する疲労回復に有効なアミノ酸結合体。

もともと、動物の体の中の最も酷使する部分に含まれ、人間なら人間が一番使う場所である脳の自律神経中枢部分に豊富に含まれているそうです。

イミダペプチドは、最もエネルギー消費が激しい部分に含まれる成分。

私達の体の中にも含まれている成分です!

渡り鳥が、疲れを知らず元気に2週間以上も休むことなく飛び続けられる理由は、まさに鳥たちの体内に存在する「イミダペプチド」の効果だったのです。

このイミダペプチドという成分は、食物として食べて体内に吸収されることにより、脳や筋肉などに移行する特徴がある成分。どうも疲れやすい、疲れから回復しない・・・と悩んでいる方に まさに、おすすめの栄養成分です。

この、イミダペプチドは、私たちの周りにある鶏肉やマグロなどから摂取する事が出来るのですが、摂取できる量もわずか。

毎日、一日の摂取目安量を手軽にとるのは、とても大変です!

そこで、おすすめが「イミダペプチド」の飲料やサプリメント。口にするなら、安心で信頼できる正規品がベストです。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


イミダペプチドの必要摂取量(一日当たり)

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)の一日当たり必要量(摂取量)の

目安は、まずは200mg

毎日摂取するのが理想です。

これは、イミダペプチドの飲料なら、30ml一本分に相当します。イミダペプチド・ドリンク一本あたり、200mlのイミダペプチド成分が含まれています。

また、イミダペプチのサプリメント(カプセル)なら、4錠分です。

イミダペプチドは、鶏胸肉やマグロなどの食品に含まれる成分ですが、毎日安定的に取り入れるのは、なかなか大変です。

そんな時に、サプリメントやジュースを取り入れてみたら いかがでしょうか。

イミダペプチドは、産学連携プロジェクトから生まれた純正品なので安心です。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


イミダペプチドの歴史~イミダペプチドは、生命維持に大切な成分

大陸をまたぎ休みなく飛び続ける渡り鳥、大海を高速で泳ぎ続けるカツオやマグロ。この驚異的な運動能力をもつ動物の筋肉中に存在するイミダゾール・ジペプチド。

イミダペプチドの発見は、今から100年以上前、1900年頃。イミダペプチドは、極めて古い研究の歴史をもつアミノ酸であるが、発見当時から、生命を維持する栄養素ではないかと考えられていたようである。

最近再び脚光を浴びているイミダペプチド。

実は、動物の筋肉組織中のイミダゾール・ジペプチド濃度と寿命には、ものすごく密接な関係があることが判明している。

哺乳動物の中で、筋肉中のイミダペプチド濃度が最も高いのが人間。そして人間の寿命は80年以上であり長命。濃度が最も低いマウスは僅か2年の寿命しかないとか。

イミダペプチドは、動物にとって それほど大切な成分だったのです。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


イミダゾールペプチドは、栄養ドリンクと どう違うのか

イミダゾールペプチドと、普通の栄養ドリンクとは、働きが全く違います。

多くの栄養ドリンクは、栄養価も高くはありますが、主な機能は、『眠気をさませ、気分を高揚させること』で『疲労感を感じなくさせる』ものです。言ってみれば、その場しのぎです。肝臓などの内臓への負担も気になりますね・・・

例えばカフェインは糖や脂肪の分解を早める作用がありますので、眠気を覚まし、疲労感を弱める効果を持つものです。

ところが、イミダゾールペプチドは、直接疲労・疲れの原因となる『酸化ストレス』を除去して、疲労回復させてくれるものです。

この点で、両社は機能的に全く異なるものです。

機械に例えると、歯車のサビをきれいにするのがイミダゾールペプチド、燃料を大量投入して、無理やり回転数をあげるのが一般的な栄養ドリンクと言えます。

どちらが、根本的な解決につながるか、一目瞭然です。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円