イミダペプチド ドリンク・飲料

イミダペプチド、子供からお年寄りまで 飲みやすいのが「ドリンク・飲料タイプ」

りんご果汁とはちみつが入ったはちみつ・りんご味なので、美味しく飲めてしまいます。

だだし、はちみつは、乳幼児には あげられません。

イミダペプチドの一日当たりの摂取目安は200~400mg。

イミダペプチドは、私たちの周りにある鶏肉やマグロなどから摂取する事が出来るのですが、摂取できる量もわずか。

毎日、一日の摂取目安を取るのは、本当に大変です!

そこで、おすすめが「イミダペプチド」の飲料。この飲料タイプ1本30ml中には、200mgのイミダペプチドが含まれています。

ちょうど、1日1本が おすすめです。

飲料・ドリンクタイプの魅力は、浸透力の高さ。体にすっと浸透していく感覚が味わえますよ。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://imida-peputido.dousuru.net/mtos/mt-tb.cgi/12

コメントする