とり胸肉とイミダペプチド

イミダペプチドをご家庭で手作りできる方法を紹介します。

身近に手に入る食材の中で、イミダペプチドが豊富に含まれる食品は、とりの胸肉(鶏胸肉)。翼を動かす筋肉がある『ムネ肉』に多く含まれます。

どの位含まれているかというと、

鶏胸肉のおよそ60~100gに対して、約400mg分の「イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)」が含まれているそうです。200mgから400mgが、一日にあたりに必要な摂取量ですので、一日約100グラム鶏のムネ肉を食べれば、量的には十分という事になるかもしれません。

ただし、どんな食べ方でも、イミダペプチドが十分に体内に摂取できるかというと、そうではない事が報告されています。

より効果的に摂取できるためには、料理の仕方も重要です。一番適したメニューは、鶏胸肉をじっくり煮込んだ「スープ」とのこと。それも、30分以上煮込むことがポイントだそうです。そうすることによって、イミダペプチドの成分がスープに抽出され より直接的に体に取り入れる事が出来るのだそうです。

毎日摂取となると、少し大変そうです・・・

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://imida-peputido.dousuru.net/mtos/mt-tb.cgi/10

コメントする