イミダペプチド レシピ

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)を効果的に摂取できる食材第一位が、 『鶏の胸肉』!

鶏肉なら、レシピは沢山ありそうですが、煮汁も全部食べられる調理法が、イミダゾールジペプチドの効果的な摂取のためには良いそうです。焼いたり、炒めたりという調理法では、有効成分が流れ出てしまうためです。

野菜もたっぷり摂れて、夏バテや疲労回復に一役買ってくれそうなレシピが こちら。

鶏胸肉といえば、料理をすると硬くなってしまうイメージでしたが、グツグツと煮込むスープなら、やわらかくて美味しく食べられます・・・

鶏胸肉のトマトソース煮

(4人分)

鶏胸肉 400グラム~500グラム(一人あたり、1日に必要なイミダゾールジペプチド400ミリグラムが取れる目安)

トマトホール缶 1缶(もちろん生トマトでもOK)

大根 1/8 いちょう切り

人参 小1/2 いちょう切り

玉ねぎ 半分 粗いみじん切り

あれば、白ワイン少々

ブイヨン、塩、胡椒

1)鶏胸肉に塩胡椒をふり、をフライパンで 表面をこんがりするまで焼いて置いておく

2)鍋で野菜を軽く炒める

3)鶏胸肉を入れる

4)トマトホール缶、ワイン、水(分量外)を入れ 30分煮る。

最後にブイヨン、塩胡椒で味を調える。煮ている途中、水分が蒸発したら、水(分量外)をプラスする。

お子様向けの味付けに知るには、ケチャップを入れると甘い味になります。

ただし、実際にやってみると実感しますが、鶏ムネ肉を毎日のように食べるとなると、「かなり」飽きがくると思います。手作りと飲料・サプリなど効率的に摂取するのが、おすすめです!

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円

関連記事
  1. イミダゾールジペプチド毎日の必要量
    『イミダゾールジペプチド』は200~400mgを毎日摂取するのが理想とされていま...
  2. イミダペプチド レシピ
    イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)を効果的に摂取できる食材第一位が、 『鶏...

コメントする