「鶏むね肉」の絶大な疲労回復効果~夏の疲れを取る

疲労回復に効果があると注目されている「トリの胸肉」。渡り鳥が何週間も休むことなく飛び続けるのをヒントに、研究が行われてきた。

 

最近では、「2週間以上、継続的にイミダペプチドを摂取すると、疲労感が改善されてくること」が判明しています。と、東京都目黒区の阿部医院院長で、東京内科医会副会長の清水恵一郎医師。

 

イミダペプチドは二つのアミノ酸(生命を支えている大切な栄養素)が結合した物質。これを摂取すると血液中で二つのアミノ酸に分解されるが、脳や肉体の疲労してさびついた細胞に達すると、再びイミダペプチドに合成され、疲労部分を回復してくれるのだそう。

イミダペプチドは生き物ごとに、消耗が激しく疲れがたまりやすい部位に含まれているそうで、回遊魚のマグロ、カツオは泳ぎ続けるために大事な尾びれの付け根、渡り鳥を代表とする鳥類は、翼の付け根である旨の部分。

 

一番身近に食べやすい食物は「鶏の胸肉」。鶏むね肉は比較的安く、低カロリーで高たんぱく質のヘルシー食品。一日の目安で100グラム。2週間食べてると良いそうです。

お薦めは、イミダペプチドが水に溶けやすい性質を利用したスープ。多めに作って、冷凍保存しておくと便利です。

 

鶏の胸肉を2週間毎日は、無理だ・・・という方は栄養補助食品で補うのも一つの方法です。小瓶なので、2週間は頑張れます、これ。

 

【夏バテ解消には、イミダペプチドが効果あり】

関連記事
  1. 「鶏むね肉」の絶大な疲労回復効果~夏の疲れを取る
    疲労回復に効果があると注目されている「トリの胸肉」。渡り鳥が何週間も休むことなく...
  2. とり胸肉とイミダペプチド
    イミダペプチドをご家庭で手作りできる方法を紹介します。 身近に手に入る食材の中で...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://imida-peputido.dousuru.net/mtos/mt-tb.cgi/21

コメントする