イミダペプチド 摂取量(目安)


イミダゾールジペプチド毎日の必要量

『イミダゾールジペプチド』は200~400mgを毎日摂取するのが理想とされています。

では、たとえば400mgを身近な食品・食材から摂取しようと考えた場合には、どうしたら良いのか。

一番身近な食材なら、『鶏胸肉』。鶏胸肉のおよそ60~100gに、400mg分の『イミダゾールジペプチド』が含まれているそうです。一人が1日に必要なイミダゾールジペプチドの摂取量は、200から400mgとすれば、100gほどの鶏胸肉を食べれば良いことになります。

しかし、どんな食べ方でも『イミダゾールジペプチド』を全摂取できるかというとそうではありません。かなり調理法に左右されるそうです。

『イミダゾールジペプチド』を摂取するのに一番適したメニューは鶏胸肉をじっくり煮込んだ「スープ」だそうです。鶏胸肉を約30分煮込むことで『イミダゾールジペプチド』がスープに抽出されるんだそうです。炒めたり、焼く調理法では 有効成分が外に逃げてしまうそうです。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円


イミダペプチドの必要摂取量(一日当たり)

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)の一日当たり必要量(摂取量)の

目安は、まずは200mg

毎日摂取するのが理想です。

これは、イミダペプチドの飲料なら、30ml一本分に相当します。イミダペプチド・ドリンク一本あたり、200mlのイミダペプチド成分が含まれています。

また、イミダペプチのサプリメント(カプセル)なら、4錠分です。

イミダペプチドは、鶏胸肉やマグロなどの食品に含まれる成分ですが、毎日安定的に取り入れるのは、なかなか大変です。

そんな時に、サプリメントやジュースを取り入れてみたら いかがでしょうか。

イミダペプチドは、産学連携プロジェクトから生まれた純正品なので安心です。

抗疲労プロジェクトから遂に第1号が商品化した、イミダペプチド!
日本ハム中央研究所と食品臨床試験最大手の総合医科学研究所が共同開発。
渡り鳥の持続力の秘密は、イミダゾールジペプチド2680円